歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間

     

    みどころ
    オリコン週間ランキング1位のヒット曲の中から誰もが歌える、その時代を象徴する名曲を聴きつくし、歌いつくす番組。
    さらに今回は、TBSに眠っていた超秘蔵映像を蔵出し!この番組でしか見ることのできない貴重な映像の数々をお見逃しなく!
    TBSでは、10月2日(月)よる7時から『歌のゴールデンヒット オリコン1位の50年間』を放送する。今年2月の放送に続き、第2弾の放送となる。
    日本の音楽を語る上で欠かせない存在と言える「オリコン週間ランキング」。
    1968年1月4日にスタートしてから今年でちょうど50年を迎え、週間ランキングで1位に輝いた曲数は、なんと1500曲以上!
    この番組は、これらのヒット曲の中から誰もが歌える、その時代を象徴する名曲を聴きつくし、歌いつくす番組。
    さらに今回は、TBSに眠っていた超秘蔵映像を蔵出し!この番組でしか見ることのできない貴重な映像の数々をお見逃しなく!

     

    MCを務めるのは、いずれもオリコンランキング上位獲得の経験を持つ、堺正章、相田翔子、田中直樹の3人。
    堺は、ザ・スパイダースのボーカルとしての音楽活動をはじめ、ソロとしても1971年に「さらば恋人」でオリコン週間ランキングの2位を獲得。
    さらには、『ザ・トップテン』(NTV)『輝く!日本レコード大賞』などの音楽番組で長年司会を務めるなど、音楽の歴史を語る上で欠かすことのできない存在だ。
    今回の特別企画「イントロQ」では、スペシャルゲストとしてかつて『ザ・トップテン』で堺と共に司会を務めた榊原郁恵が登場!31年ぶりの堺とのタッグで、クイズの司会を務める!

     

    また、同じく司会を務める相田翔子は、Winkとして多数のヒット曲を持ち、1989年の「愛が止まらない」をはじめ、5曲で1位を獲得。
    番組では、当時の秘蔵映像で振り返ると共に、知られざる当時のエピソードを語る。
    田中直樹は、ココリコとしての活動はもちろん、俳優業も行う一方で、吉本興業の所属タレントで結成された「Re:Japan」に参加。「明日があるさ」で2001年に1位を獲得した実績を持つ。

     

    また今回も、徳光和夫とミッツ・マングローブが番組のナレーターとして共演!
    徳光はかつて『ザ・トップテン』で堺・榊原と共演。ミッツ・マングローブも大の歌謡曲ファンであり、当時の映像と共に、詳しすぎる当時のエピソード披露!親戚ならではの息のあった掛け合いにもご注目!

     

    番組に出演するゲストは実際にオリコン1位を獲得したアーティストのみ!楽曲の歌唱はもちろん、この番組でしか聴けないヒットメドレーや、「イントロQ」などの企画を放送予定。

     

    ・郷ひろみ ヒット曲メドレー
    誰もが知るヒットソングで構成される番組オリジナルメドレーを熱唱!
    どれが1位でもおかしくないヒットソングばかりだが、メドレーの中で1位だった曲は1曲のみ!
    初めて1位を獲得したときのエピソードなどが語られる。
    また番組では、郷ひろみのファッションに注目。ヒットソングの数々を斬新すぎるファッションと共に振り返る。
    ・世良公則、「銃爪(ひきがね)」を生演奏で披露
    「宿無し」「燃えろいい女」「あんたのバラード」など数々のヒット曲を持つ世良だが、意外にも1位を獲得したのは「銃爪(ひきがね)」の1曲のみだった。今回はそのヒット曲をGUILD9のメンバーと共に生演奏で披露。マイクパフォーマンスにも注目!
    ・あの曲がまさかの2位!?イントロQ
    堺&榊原の『ザ・トップテン』コンビが31年ぶりに復活!
    オリコンランキングで惜しくも2位だった曲の映像を見た後、1位の曲のイントロが流れる!
    2位の曲をヒントに答えを推理!
    ・小林明子ロンドンより帰国!
    現在、ロンドン在住の小林明子がこの番組のために帰国!
    渡英を決断した背景、ロンドンでの家族との生活を語る。
    『金曜日の妻たちへIII・恋におちて』の主題歌、7週連続1位の名曲「恋におちて -Fall in love-」を歌唱。
    ・荻野目洋子スペシャルメドレー

    オリコン1位の楽曲「ストレンジャーtonight」と「ダンシング・ヒーロー」をデビュー30周年の
    スペシャルバージョンの振付で歌唱!トランプタワー前で歌う秘蔵映像もお見逃しなく。
    ・PUFFY
    「渚にまつわるエトセトラ」「サーキットの娘」「これが私の生きる道」、オリコン1位を獲得した曲が3曲もあるPUFFYが、その3曲をスペシャルメドレーで披露!
    オリコンランキングと共にお送りする、日本の音楽の壮大なヒストリー!ぜひご覧ください!

     

    コメント
    ■堺正章
    前回の放送では幅広い世代の方に歌の楽しさをお届けでき、ご好評をいただきました。
    オリコンのランキングというと、私がザ・スパイダースをやっていた頃はまだ無かったのです。ですが、その後、オリコンのランキングというものができて、自分の曲が「売れてきた」「盛り上がってきた」というのがランキングでわかるということを経験できたことはうれしかったですね。ヒットチャートというのは 情報として非常に面白いものだと思いました。
    ステージで歌っていただく皆さんの歌はもちろん、今回はTBSが総力をあげて集めた貴重な秘蔵映像も あります。日本の音楽シーンを彩った方々の勇姿にもご期待ください。
    ■相田翔子
    子どものころからテレビで歌番組を見るのが大好きで、出演されていた方々も私にとって「手の届かない存在」でした。今回共演させていただいたことが信じられない気持ちでいっぱいですし、私自身、楽しみな番組です。
    ■田中直樹(ココリコ)
    子どものころに家族そろって歌番組を見るという環境で育ったので、今回このような番組に出させていただくことが、不思議な気持ちでもあり、うれしく思います。仕事柄、アーティストの方々とお仕事をする機会もないので、皆さんのパフォーマンスを間近で見られて貴重な経験ができました。
    ■遠藤章造(ココリコ)
    僕らの世代では、ランキング形式の歌番組が多かったのですが、上位の曲は、日本中どの世代の人も歌えるものが多かったですね。人気の曲がテレビから流れるのに合わせて、カセットに録音していたのを覚えています。ゲストとして、精一杯盛り上げます!

     

    出演者
    MC:
    堺正章
    相田翔子
    田中直樹(ココリコ)

     

    ゲスト(50音順):
    遠藤章造(ココリコ)
    大貫亜美(PUFFY)
    荻野目洋子
    郷ひろみ
    小林明子
    榊原郁恵
    世良公則
    高見沢俊彦
    薬丸裕英
    遊助
    吉村由美(PUFFY)

     

    1968 年 ( 昭和43年 ) 星影のワルツ 、 千昌夫
    1969 年 ( 昭和44年 ) 夜明けのスキャット 、 由紀さおり
    1970 年 ( 昭和45年 ) 黒ネコのタンゴ 、 皆川おさむ
    1971 年 ( 昭和46年 ) わたしの城下町 、 小柳ルミ子
    1972 年 ( 昭和47年 ) 女のみち 、 宮史郎とぴんからトリオ
    1973 年 ( 昭和48年 ) 女のみち 、 宮史郎とぴんからトリオ
    1974 年 ( 昭和49年 ) なみだの操 、 殿さまキングス
    1975 年 ( 昭和50年 ) 昭和枯れすゝき 、 さくらと一郎
    1976 年 ( 昭和51年 ) およげ!たいやきくん 、 子門真人
    1977 年 ( 昭和52年 ) 渚のシンドバッド 、 ピンク・レディー
    1978 年 ( 昭和53年 ) UFO 、 ピンク・レディー
    1979 年 ( 昭和54年 ) 夢追い酒 、 渥美二郎
    1980 年 ( 昭和55年 ) ダンシング・オールナイト 、 もんた&ブラザーズ
    1981 年 ( 昭和56年 ) ルビーの指環 、 寺尾聰
    1982 年 ( 昭和57年 ) 待つわ 、 あみん
    1983 年 ( 昭和58年 ) さざんかの宿 、 大川栄策

    1984 年 ( 昭和59年 ) もしも明日が…。 、 わらべ
    1985 年 ( 昭和60年 ) ジュリアに傷心(ハートブレイク) 、 チェッカーズ
    1986 年 ( 昭和61年 ) CHA-CHA-CHA 、 石井明美
    1987 年 ( 昭和62年 ) 命くれない 、 瀬川瑛子
    1988 年 ( 昭和63年 ) パラダイス銀河 、 光GENJI
    1989 年 ( 平成元年 ) Diamonds (ダイアモンド) 、 プリンセス・プリンセス
    1990 年 ( 平成2年 ) おどるポンポコリン 、 B.B.クィーンズ
    1991 年 ( 平成3年 ) Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に 、 小田和正
    1992 年 ( 平成4年 ) 君がいるだけで 、 米米CLUB
    1993 年 ( 平成5年 ) YAH YAH YAH/夢の番人 、 CHAGE&ASKA
    1994 年 ( 平成6年 ) innocent world 、 Mr.Children
    1995 年 ( 平成7年 ) LOVE LOVE LOVE/嵐が来る 、 DREAMS COME TRUE
    1996 年 ( 平成8年 ) 名もなき詩 、 Mr.Children
    1997 年 ( 平成9年 ) CAN YOU CELEBRATE? 、 安室奈美恵
    1998 年 ( 平成10年 ) 誘惑 、 GLAY
    1999 年 ( 平成11年 ) だんご3兄弟 、 速水けんたろう、茂森あゆみ、ひまわりキッズ、だんご合唱団

    2000 年 ( 平成12年 ) TSUNAMI 、 サザンオールスターズ
    2001 年 ( 平成13年 ) Can You Keep A Secret? 、 宇多田ヒカル
    2002 年 ( 平成14年 ) H 、 浜崎あゆみ
    2003 年 ( 平成15年 ) 世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン) 、 SMAP
    2004 年 ( 平成16年 ) 瞳をとじて 、 平井堅
    2005 年 ( 平成17年 ) 青春アミーゴ 、 修二と彰
    2006 年 ( 平成18年 ) Real Face 、 KAT-TUN
    2007 年 ( 平成19年 ) 千の風になって 、 秋川雅史
    2008 年 ( 平成20年 ) truth/風の向こうへ 、 嵐
    2009 年 ( 平成21年 ) Believe/曇りのち、快晴 、 嵐/矢野健太 starring Satoshi Ohno
    2010 年 ( 平成22年 ) Beginner 、 AKB48
    2011 年 ( 平成23年 ) フライングゲット 、 AKB48
    2012 年 ( 平成24年 ) 真夏のSounds good?! 、 AKB48
    2013 年 ( 平成25年 ) さよならクロール 、 AKB48
    2014 年 ( 平成26年 ) ラブラドール・レトリーバ 、 AKB48
    2015 年 ( 平成27年 ) 僕たちは戦わない 、 AKB48

    2016 年 ( 平成28年 ) 翼はいらない 、 AKB48

     

     

     

     

    http://www.tbs.co.jp/program/utanogoldenhit_20171002.html#caststaff

     

    http://tv-kanso.com/utanogoldenhit/

     

     

     




    オリコン順位(年間)記事一覧

    1960年代

    1位 千昌夫:「星影のワルツ」2位 ザ・フォーク・クルセダーズ:「帰って来たヨッパライ」3位 ピンキーとキラーズ:「恋の季節」4位 鶴岡雅義と東京ロマンチカ:「小樽のひとよ」5位 伊東ゆかり:「恋のしずく」6位 ザ・タイガース:「花の首飾り/銀河のロマンス」7位 サイモン&ガーファンクル:「サウンド...

    ≫続きを読む

    1970年代

    1位 皆川おさむ:「黒ネコのタンゴ」2位 ザ・ドリフターズ:「ドリフのズンドコ節」3位 藤圭子:「圭子の夢は夜ひらく」4位 藤圭子:「女のブルース」5位 内山田洋とクール・ファイブ:「逢わずに愛して」6位 由紀さおり:「手紙」7位 ヒデとロザンナ:「愛は傷つきやすく」8位 菅原洋一:「今日でお別れ」...

    ≫続きを読む

    1980年代

    1位 もんた&ブラザーズ:「ダンシング・オールナイト」2位 久保田早紀:「異邦人」3位 クリスタルキング:「大都会」4位 シャネルズ:「ランナウェイ」5位 長渕剛:「順子/涙のセレナーデ」6位 海援隊:「贈る言葉」7位 五木ひろし:「おまえとふたり」8位 ロス・インディオス&シルヴィア:「別れても好...

    ≫続きを読む

    1990年代

    1位 B.B.クィーンズ:「おどるポンポコリン」2位 米米CLUB:「浪漫飛行/ジェットストリーム浪漫飛行」3位 LINDBERG:「今すぐKiss Me」4位 たま:「さよなら人類/らんちう」5位 プリンセス・プリンセス:「OH YEAH!」6位 中森明菜:「Dear Friend」7位 THE ...

    ≫続きを読む

    2000年代

    1位 サザンオールスターズ:「TSUNAMI」2位 福山雅治:「桜坂」3位 宇多田ヒカル:「Wait & See ?リスク?」4位 倉木麻衣:「Love, Day After Tomorrow」5位 浜崎あゆみ:「SEASONS」6位 SMAP:「らいおんハート」7位 モーニング娘。:「恋のダンスサ...

    ≫続きを読む

    2010年代

    1位 AKB48:「Beginner」2位 AKB48:「ヘビーローテーション」3位 嵐:「Troublemaker」4位 嵐:「Monster」5位 AKB48:「ポニーテールとシュシュ」6位 嵐:「果てない空」7位 嵐:「Love Rainbow」8位 AKB48:「チャンスの順番」9位 嵐:「...

    ≫続きを読む


    歌手別 曲目別 年別 地域別 レコチョク